あさか由香 8時間働けばふつうに暮らせる社会へ

Asaka Magazine

Asaka Magazine

応援メッセージ

2016.7.8

森卓爾 (弁護士)

森卓爾

私があさか由香さんを応援する理由

それは,何よりも,憲法の改悪を許さないため。

私は,憲法改悪阻止神奈川県連絡会議(神奈川憲法会議)の代表委員で,長い間,憲法改悪阻止のための運動を行ってきた。今こそ,憲法改悪の危機が押し迫っていることを感じたことはなかった。

今,安倍政権・改憲勢力は,改憲発議に必要な3分の2の議席を衆議院で持っている。その上で,この参議院選挙で自民党・公明党の与党及びおおさか維新など補完勢力である改憲勢力が3分の2を占めてしまえば,まさに,憲法改悪が現実のものになろうとしている。安倍首相は,秋の臨時国会から憲法審査会の活動を再開し,憲法改悪への道を強引に推し進めようとしている。

自民党は,「憲法改正草案」を既に発表しており,その内容を読めば読むほど,恐ろしくなってしまう。

戦争放棄を「放棄」し,内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を持ち集団的自衛権の行使を容認する,「軍事審判所」と言う名の「軍事法廷」を設けるなど戦争を行うための規定を設けている。

基本的人権については,「常に公益及び公の秩序に反してはならない」と,個人よりも公益,公を重視して上に置いている。

また,緊急事態条項を定めており,戦前のように戒厳令を布告して,法律と同じ効力を持つ政令(改革だけで制定できる)を制定して,国民の人権を制限することを可能とする内容となっている。

そのような憲法改悪を阻止するためには,今回の選挙,日本共産党が比例でも選挙区でも多くの議席を獲得してもらい,そのためには神奈川選挙区ではあさか由香さんに当選してもらう必要がある。

あさか由香さんの訴えを聞くと本当に心にしみる。

投票箱の蓋が閉まるまであさか由香さん当選のために頑張りましょう。

このページをシェア
ツイートする
Facebookでシェアする
LINEで送る